2019/07 << July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

140324-1.jpg
誰がデザインしたかさえわからないほど古くから存在した
牛乳をしぼる時に使われたスツールを現代の暮らしに合うよう
美しくデザインされた SKAGERAK Cobbler スツール は、
おしりが座面にフィットしとても座りやすく、 かと言って
フィットし過ぎずしっかりと安定感のある座り心地のよさが特徴です。
                                    
昔からデンマークの人々に愛され続けてきた3本脚のスツールを
現代のインテリアに美しくマッチするちょっぴりモダンな印象に・・・。
                                 
ブーツを脱ぎ着する時にも 玄関に一脚あればとても重宝しますし、
安定感があるのでお子さんを座らせて靴を履かせてあげたり、
キッチンや洗面室に置かれても、毎日楽しくお使い頂けることでしょう。
140324-3.JPG
最近、この Cobbler スツールに関してお問い合わせを頂きました。
あの Werner シューメーカーチェアとのサイズ等の比較についてです。
昔からデンマークでは馴染のある半円形に3本脚のスツールは
色々つくられていますが、中でも日本で有名なシューメーカーチェアとの
違いを知りたいとのお話でした。
                              
そこで、私どものショップでも取り扱いをさせて頂いている
一般的に使いやすいサイズの シューメーカーチェア (Model 42) と
Cobbler スツールを一緒に並べて比べてみることにしました。
                                
写真をご覧頂くとおわかり頂けることと思いますが、
Cobbler スツールの方がひと回り大きく、
シューメーカーチェアが  W 380cm  D 250cm  H 390cm  に対して、
Cobbler スツールの方は  W 450cm  D 290cm  H 445cm  でした。
材質が木材ですので、多少の誤差があるということと
これらは座面でのサイズで脚ではありませんのでご注意ください。
140324-2.JPG                                                    
また、シューメーカーチェアがビーチ材であるのに対し、
Cobbler スツールはオーク材とチーク材での展開となっています。
シューメーカーチェアがビーチ材以外に塗装品やサイズバリエーションを
もっているのに対し Cobbler スツールはこの2種類のみとなっています。
                         
それぞれの良さやデザインの違いなどを知って頂いた上で、
皆さまのお好みやインテリアに合わせてお選び頂ければと思っております。

コメント





 cookie

トラックバック

http://blog.skagerak.jp/trackback/438

最近の記事
カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
店舗情報
スケアラックショップ

スケアラックショップ

〒791-0113
愛媛県松山市白水台1-3-6
TEL: 089-907-4555
FAX: 089-907-4554

OPEN MONDAY - SATURDAY
13:00 - 17:00

日曜定休。
詳しくは下記営業日カレンダーを
ご確認下さい。

Twitter
リンク

ヨゴホームズは愛媛県を中心に北欧住宅を設計・施工するデンマークスタイルのハウジング会社です

その他
Jugem
無料ブログ作成サービス JUGEM